読書

ゼロ秒思考の超効果的なやり方【思考力を鍛えるにはメモ書きがオススメ】

ゼロ秒思考の超効果的なやり方【思考力を鍛えるにはメモ書きがオススメ】
  • 悩みを解決したり、思考力を高めたいんだけど、どうすればいいかな・・・
  • ゼロ秒思考って本当に効果あるの?
  • ゼロ秒思考のやり方を教えてほしい!

実は多くの人が、深く考えられているようで、考えられていません。
頭の中の悩みやアイディアが、浮かんでは消えを繰り返し、結局元の自分に戻ります。

一方で、深く考えることができ、悩みをスパッと解決し、常に前に進んでいる人もいます。
その差はどこなのか?

この記事では、悩みを解決したり、思考力を高める方法として、「ゼロ秒思考」をオススメします。
ゼロ秒思考に必要なものや、やり方についてまとめました。

結論から言うと、ゼロ秒思考は「メモ書き」です。
正しいやり方でメモ書きすることで、以前の自分とは比べ物にならないくらい成長できます。

ではさっそくいきましょう。

ゼロ秒思考とは?

課題が整理され、問題点の本質が見え、本質的な解決策とそのオプションが浮かび、オプションのメリット・デメリットがすぐわかるようになる。
問題の本質と全体像を押さえた確実な対策が打てるようになる。
そうした思考の「質」と「スピード」、双方の到達点がゼロ秒思考。

『ゼロ秒思考』p50より引用

つまり、課題を瞬時に、的確に、解決するための思考です。

このゼロ秒思考を実現するためには、「メモ書き」が必須です。
自分の思ったことをメモで掃き出すことで、驚くほど思考力が高まり、悩みが解決できるようになります。

ゼロ秒思考に必要なもの

ゼロ秒思考に必要なもの

必要なものは以下です。

  • その①:A4の紙
  • その②:ペン
  • その③:ノートパッド
  • その④:タイマー

非常にシンプルですね。

ぼくはノートパッドはHINGEを使っています。
ペンホルダーつきで、サッと開いて、秒でメモ書きできます。

興味がある方は「【HINGE(ヒンジ)レビュー】デザイン、機能性、思わず使いたくなるノートパッド」で詳しく解説してるので、よろしければどうぞ。

タイマーはメモ書きの時間を測るときに使ってます。
スマホでもOKですよ。

ゼロ秒思考(メモ書き)のやり方

自分の悩み・課題・アイディアを、即座にA4の紙に書きなぐるだけ。
やり方はオリジナルじゃなく、ルールを守ったほうが効果あります。

ルールはシンプルなので、誰でもできますよ。

【ゼロ秒思考のルール】

  • A4用紙を横にして使用。
  • 左上にタイトル。疑問形だと自分の考えを書きやすい。強調するために、下線を引く。
  • 右上に日付を書く。2021−7−7のような記載。
  • タイトルに対して、箇条書きで自分の考えを書く。迷ってはだめ。頭に浮かんだものをどんどん言語化する。
  • 大体4〜6行で、1文20〜30文字が推奨。初めのうちは、10文字くらいの箇条書きでも十分効果ある。
  • 1枚1分で書く。
  • 毎日10枚書く。一気にやるのではなく、思い立ったときに書くのがオススメ。

メモ書きの例は以下です。

ゼロ秒思考の書き方

これだけで、思考力が高まり、悩みが解決できます。

ただし、続けることが大事です。
効果を実感するためにも、コツコツ継続していきましょう。

ゼロ秒思考の効果

ゼロ秒思考の効果

主な効果は以下です。

  • 頭が整理される
  • 自信が出て、ポジティブになる
  • 腹が立たなくなる
  • 急成長できる

それぞれ解説します。

頭が整理される

メモ書きすると、驚くほど頭の中が整理されます。
なぜなら、自分の考えを文字にすると、客観的に自分をみれるから。

頭の中でモヤモヤ考えているときは、考えが整理されていない状態です。
結論や解決策も出ないし、アクションプランに落とし込むこともできません。

メモ書きをどんどんすることで、頭の中が整理でき、悩み・課題を解決できます。

自信が出て、ポジティブになる

メモ書きで頭の中を整理すると、「重要な課題はどれなのか?」が明確になります。
重要な課題を解決していくので、必然的に「質の高い結果」が出やすくなります。

結果が出ると、シンプルに自信につながりますね。

腹が立たなくなる

悩みや怒りをメモ書きすると、自分の感情と向き合えるからですね。
「悩みや怒りの原因って、実はこれだったのか!」など気づきが出てきます。

自分の感情と向き合うと、「自分が今何をすべきか」が明確になります。
自分のすべきことがわかると、怒りの感情がスッと引いていきます。

急成長できる

メモ書きすると、成長スピードが上がります。
頭が整理され、重要な課題に結果を出していけるからですね。

たとえば、

  • 優先課題を見つけられず、なんとなく仕事をしてる人
  • 優先度の高い課題の解決策を考え、行動にうつしてる人

どっちが早く成長できると思いますか?
もちろん後者でしょう。

成長したいのであれば、メモ書きがオススメです。

ゼロ秒思考を1年間続けてきた結果

ゼロ秒思考を1年間続けてきた結果

ぼくがゼロ秒思考を実践し、成長したと感じる部分は以下です。

  • 即断、即決できるようになった
  • たくさんの選択肢が、頭にパッと浮かぶようになった
  • 悩みを引きずることが少なくなった
  • どう行動すればいいか明確になるので、行動力が上がった
  • 自信がつき、前向きになった

メモ書きは偉大ですね。

まとめ

悩みを少なくし、課題をどんどん解決したい人には、ゼロ秒思考がオススメです。
それでは最後に、ゼロ秒思考のやり方の復習です。

  • A4用紙を横にして使用。
  • 左上にタイトルを書く。
  • 右上に日付を書く。
  • タイトルに対して、箇条書きで自分の考えを書く。
  • 迷わず書く。1枚1分で書く。
  • 大体4〜6行で、1文20〜30文字。
  • 毎日10枚書く。

毎日10分、メモ書きを続けてみてください。
成長を実感できるはずです。

本日は以上になります。

  • この記事を書いた人

yasu

薬局で働く9年目薬剤師。現役の管理薬剤師です。当サイトでは、自らの経験をもとに薬剤師の悩みや不安を解決します。転職経験あり【中小企業(6年)→M&Aで大手勤務(2年)→中小企業】。年間100冊読書。1人娘の家庭持ち

-読書