薬剤師の悩み

転職しないほうがいい薬剤師の特徴3選【周りに流されるな】

転職しないほうがいい薬剤師の特徴3選【周りに流されるな】

昨今、転職しない人はスキルが低いと言われますが、本当にそうでしょうか?

結論から言うと、そんなわけありません。

転職しなくても結果を残し、ゴリゴリ働いてる人はたくさんいるからです。

では、転職しないほうがいい薬剤師ってどんな人でしょうか? 本日はそこへのアンサーを書いていきます。

普段は転職をおすすめしてるぼくですが、今回は新しい切り口で書いていきます。

あなたは今の会社で働いたほうがいいよ! ってゴリ推しできる人を紹介しますね。

当てはまる人は、今の会社でガンガン働きましょ。

転職しないほうがいい薬剤師の特徴3選

転職しないほうがいい薬剤師の特徴3選

結論から言うと、下記の通り。

それぞれ深堀りしていきます。

理念に共感している

会社の理念に共感している人は、転職しないほうがいいですよ。

というのも、会社と自分の考えがマッチしてるから。今の仕事にプライドをもって働ける可能性が高いです。

漫画のワンピースでたとえましょう。ルフィの「海賊王に俺はなる!」というセリフ。あれが理念です。

仲間は理念に共感してるから熱意があります。麦わら海賊団最高! と思ってます。

「いや、俺は海賊王とかいいや」なんて冷めた仲間だったら、一緒に航海なんてできませんよね?

つまり、理念に共感できるなら続けたほうがいい。しかし、理念に疑問を持つなら離れたほうがいい、ということです。

理念に行動が伴ってない会社もある

すばらしい理念を掲げていても、行動がまったく伴ってない会社もあります。

もう1度ワンピースで考えましょ。

ルフィが「海賊王に俺はなる!」と言ってながら、サボりまくってたら「はっ?」と思いますよね?

行動が伴って、はじめて理念が活きます。そこだけ注意しましょ。

やりがいや楽しさを感じている

今の会社でやりがいや楽しさを感じているなら、転職しなくていいです。

なぜなら、成長できるから。やりがいがあったほうが、前に進めるからです。

逆に、伸び悩んでるな......と感じたら転職を考えましょう。

ぼくも大手に合併されたときはやりがいを感じてた

ぼくは以前、大手で働いていました。はじめは中小で働いていましたが、M&Aで大手と合併した過去があります。

最初は「まじかよ......。」と思いましたが、実際に働いてみると、大手のマニュアルや研修にやりがいを感じましたね。

なんとなくやっていた仕事に意味があり、それを学べたのはいい経験でした。

そのときは、転職しようなんて1ミリも思ってません。学んだことが将来のためになると、わかっていたからです。

しかし、そのやりがいも次第に薄れ、転職に踏み切りました。長く働くビジョンが見えなかったからです。

やりがいがあるタイミングは、人によって違います。答えはありません。

今、仕事にどう向き合っているかを確認しながら仕事をしましょう。

なんとなく転職したいと思っている

なんとなくで転職するのはおすすめできません。なぜなら、転職はポジティブな理由ですべきだから。

なんとなく転職すると、次の職場でもまた転職したくなります。それもなんとなくの理由で。

最近は「職場がなんとなくイヤだから」という理由だけで、転職を繰り返してる人が多いように思えます。

それでは何も成長しないですし、何も積み上がりません。

周りに流されず、自分の軸をもって転職しようよ、と言いたいです。

理由もなく周りに流されるくらいなら、転職しないほうがいいです。まずは自分の気持ちと向き合いましょう。

周りに転職を反対されたらどうする?

周りに転職を反対されたらどうする?

一方で、前向きに転職を考えていても、周りから反対されるときがあります。

  • 転職すると大変だよ?
  • 現職のほうが安定してるよ!
  • どこも不景気だから、やめたほうがいいんじゃない?

上記のような意見を言われたら、どうすればいいか?

結論から言うと、自分のしたいことを優先させましょう。

なぜなら、人生1度きりしかないから。

他人の意見に合わせるなんて、もったいないです。転職したいなら、挑戦すべき。

一時的に年収が下がっても、苦しい状況になったとしても、転職でしか見えない世界があります。

周りの意見よりも、自分の意思を大事にしましょう。

転職のベストタイミングは?

転職のベストタイミングは?

では、転職のベストタイミングはいつでしょうか?

結論、居心地がよく、成長してる実感がないときです。

一見、居心地がいいなら続けてもいいように思えます。が、これ罠ですね。

というのも、居心地がいいと現状にとどまろうとするから。成長しないのです。

それを壊すためには、ちょっと不安を感じたり、居心地の悪さを感じるところに飛び込む必要があるわけですね。

そのために転職をおすすめしています。

  • 今の環境がぬるく感じる
  • 同じ毎日の繰り返し
  • 働いてて成長を感じない

上記のような場合、転職したほうがいいです。成長意欲のある方には、転職をガチでおすすめしますよ。

転職のベストタイミングは下記記事でくわしく解説しています。

【薬剤師】転職のベストタイミングは?転職経験のある管理薬剤師が徹底解説!
【薬剤師】転職のベストタイミングは?転職経験のある管理薬剤師が徹底解説!

まとめ

では振り返りです。転職しないほうがいい人は下記の通り。

  • 理念に共感している
  • やりがいや楽しさを感じている
  • なんとなく転職したいと思っている

薬剤師は転職してなんぼ、とよく言われます。しかし、今の会社で成長できるなら転職しなくてもOKです。

「やっぱ転職したいんだよね」と思う方は、下記を参考にしてください。

【薬剤師の転職】失敗しないためのコツ7選【転職経験者がわかりやすく解説】
【薬剤師の転職】失敗しないためのコツ7選【転職経験者がわかりやすく解説】

本日は以上になります。

  • この記事を書いた人

yasu

薬局で働く9年目薬剤師。現役の管理薬剤師です。当サイトでは、自らの経験をもとに薬剤師の悩みや不安を解決します。転職経験あり【中小企業(6年)→M&Aで大手勤務(2年)→中小企業】。年間100冊読書。子持ち(2人)。

-薬剤師の悩み