薬剤師の転職Q&A

【薬剤師の転職】失敗しないためのコツ7選【転職経験者がわかりやすく解説】

【薬剤師の転職】失敗しないためのコツ7選【転職経験者がわかりやすく解説】

転職で失敗しないためのコツがあるなら、知りたくないですか?

どうも、9年目薬剤師のyasuです! 大手から小さな会社に転職した経験があります。

転職って失敗が怖いですよね。今の職場よりもブラックだったらどうしよう? とか、実力が通用しなかったらどうしよう? とか、めちゃくちゃ不安になります。

そこで本記事では「転職で失敗しないためのコツ」を紹介します。

結論、下記の通りです。

  • 社長がテイカーじゃないか探ろう
  • 人間関係に注目しよう
  • 希望する年収より高いか確認しよう
  • 働き方が自分に合ってるか確認しよう
  • やりたいことができるか聞いてみよう
  • 職場は必ず見学しよう
  • 余裕をもって準備しよう

転職に成功さえすれば、今までの悩みもウソのようになくなり、一気に生活も楽になりますよ。

転職しようか悩んでいる方は必見です。

薬剤師が転職で失敗しないためのコツ7選

薬剤師が転職で失敗しないためのコツ7選

薬剤師が転職で失敗しないためのコツは7つあります。

下記の通りです。

それぞれ解説していきます。

社長がテイカーじゃないか探ろう

テイカーとは「奪う人」のことです。お金や時間を、相手から奪うことばかり考えてる人です。

社長がテイカーの場合、その会社で気持ちよく働くのは無理でしょう。

なぜなら、社員を「駒」として見てるから。

「自分の利益のために社員を働かせよう」と思ってるので、キツい仕事をガンガンやらせてきます。

働いてるスタッフはしんどいばかりで、年収も上がりません。

精神的に追い込まれますよね......。
yasu

一方で、与える人を「ギバー」と言います。

社長がギバーなら、気持ちよく働ける可能性が高いです。

というのも、社員を人として見てくれるから。社員のためを考えて経営するので、社員にもそれは伝わります。

つまり、社長の人格で「やりがい」や「モチベーション」は変わってきます。

ギバーであれば「社長のために頑張りたい!会社のために頑張りたい!」と思えるのです。

テイカーかギバーかを判断する方法

で、ここからが重要。どうすれば社長の人格がわかるのか?

結論から言うと、社員からの評価を聞きましょう。

社員からの評判がいいなら、テイカーじゃない可能性が高いです。

理由は、テイカーは周りの人から信頼を失うことばかりしてるから。周りの評判がいいわけありません。

となると、周りのスタッフから

  • 無理な注文をガンガン押し付けてくる
  • スタッフのことを何も考えてない
  • 話を全然聞いてくれない

という文句ばかりが出ていたら要注意。テイカーである可能性が高いですよ。

もし転職に失敗したくないなら、社長が「ギバー」か「テイカー」かを見るようにしましょう。

人間関係に注目しよう

王道ですが、会社の人間関係には注目しましょう。コミュニケーションの取りやすい会社は、働きやすい職場です。

人間関係よりも大事なものは「ない」と思ってかまいません。

ベストセラー本の「嫌われる勇気」で有名な心理学者アドラーは、

「すべての悩みは人間関係の悩みである」

と言い切ってますからね。

人間関係を大切にしてる会社へ転職できれば、もはや「成功」と言ってもいいでしょう。

では、人間関係を大事にしてる会社か、どう判断すればいいか?

結論から言うと、現場を見ないとわかりません。人事や社長と話すだけでは、わからないんですよね。

見るべきポイントは、コミュニケーションがとれているかどうか? スタッフが気持ちよく働けているか? この2点です。

  • 報連相がない
  • 黙って仕事をしている
  • 雰囲気が暗い

上記のような現場なら、注意が必要ですよ。

会社の風通しの良さは「規模」にもよる

会社全体のムードは「規模」にもよると思います。ぼくは中小と大手で働きましたが、明確な違いがありました。

結論から言うと、小さい規模のほうがコミュニケーションは取りやすいです。

なぜなら、上司や社長との「距離が近い」からですね。
yasu

社員が数千人ともなると、誰が何してる人なのか見えてこないんですよ。そうなると、どんどん人間関係は薄くなります。

名前しか知らないような上層部から「この目標を、みんなで力を合わせて達成しましょう!」なんてメールがきても、心に響かないんですよね。

現場のこと何もわかってないのに、何言ってんの? という不満が出て、そっぽ向かれて終わりです。

ところが、普段からコミュニケーションが取りやすい規模の会社であれば、上司の言うこともしっかり聞く傾向にあります。

というのも、上司がどんな性格で、何を考えているかがわかるからです。
yasu

話しやすい環境であれば、納得いかない指示でも、意見を言いやすいですよね?

少しくらいしんどい仕事を振られても「あの人のお願いならやるしかないな!」と思えるでしょう。

人間関係の良さや、風通しの良さは「働きやすさ」につながります。意見の言いやすい環境は、長く働くためにとても大切ですよ。

希望する年収より高いか確認しよう

生きる上で、お金って大事ですよね。お金がないとご飯も食べられないし、服も買えません。住めるところもなくなってしまいます。

ぼくは独身のとき、お金稼ぎにまったく興味がありませんでした。最低限の生活できれば、それでいいじゃん? と思ってたからです。

今思うと、時間があるうちに稼げるスキル磨いとけよ! と思いますが、当時は本当に「なんとかなるかな」と思っていたんです。

でも、子供が産まれてからはそう思わなくなりました。

子供の選択肢を減らしたくない。家族を守りたい。

そんな気持ちにシフトしたからです。

お金に執着してもいいことないよ! と言われたりもしますが、まずはお金を稼いでからゆっくり考えようと思ってます。

そこで大事になるのは、年収です。

本業で稼ぐうえで、年収は低いよりも高いほうがいいに決まってます。

希望の年収よりも高いかどうかは、じっくり検討しましょう!
yasu

もし年収の低いところに転職すると、家族や子供ができたときに悩みます。

  • まったく貯金できない
  • ローンの返済でカツカツ
  • 趣味や好きなことにお金を使えない

上記のようになるかもしれません。

なので、これくらいあれば安心かな? と思える「希望の年収」を提示してくれる会社に転職しましょう。

薬剤師はまだまだ人員不足のところも多いです。他の職業に比べたら、求人数も多いですよね。

とはいえ、その状態がいつまで続くかもわかりません。5年後には薬剤師の年収が下がるかもしれません。

だからこそ、人生の分かれ道である「転職」では、納得のいく答えを出してほしいんです。

これでいいかな? くらいの気持ちで転職すると、必ず後悔するからです。

転職で失敗したくないのなら、自分の希望する年収は死守しましょう。

働き方が自分に合ってるか確認しよう

働き方に正解はありません。忙しく働くのが好きな人だったり、のんびり働くのが好きな人がいるように、「自分に合う働き方」はそれぞれ異なります。

そうなると、自身の強みを知り、自分に合う会社で働くことがものすごく重要です。
yasu

なぜなら、自分に合わない働き方をしても絶対に続かないから。

そもそもみんな性格が異なるように、「適性」も個人で違ってきます。

野球が好きで、すごく得意なのに、あえてサッカーに挑戦する人は少ないですよね?

それは、野球を続けたほうが楽しいからです。結果を出せる可能性があるからです。

仕事でも、考え方は一緒です。

つまり、「自分の強みは〇〇で、それを活かせるから□□の会社に転職します!」と言えるまで考え抜きましょう。

先程のスポーツの例ですが、おそらくサッカーをはじめても、うまくいかずに挫折すると思うんですよ。

スポーツの場合はとくに、才能が大きく関係しますから。サッカーが合わないと感じたら、すぐに野球に戻ると思います。

で、転職の場合は「あれ?自分の強みにマッチしないな?」と思っても、なかなか引き返せません。

転職を繰り返す、というのも1つの手ですが、それならしっかり調べて1回で転職成功させたほうがいいよね? と思います。

自己分析をしないまま転職すると、失敗のリスクが高まります。

では自己分析ってどうすればいい?

おすすめは「ストレングス・ファインダー」で、自分の才能を知ることです。

自己分析の本はそれなりに読んできましたが、この本がダントツで細かく自己分析できますね。

何するかというと、約180個の質問に対してポンポン答えるだけ。

すると、自分の才能を診断してくれます。

yasuのストレングス・ファインダー

ぼくは上記のような感じになりました。ここではくわしい説明は省きます。

実際にやってみて、「たしかにそうだな!」と思えるものが多かったです。
yasu

1冊およそ2000円で、そこまで高くありません。

他に試した人も、絶賛してる声が多いですね。

口コミ・評判

「転職したいけど、自分の強みがわからない」って人には、本当におすすめですよ。

やりたいことができるか聞いてみよう

今の職場で、

自分のやりたいことができないよ!
yasu

と感じているなら、転職先で実現できるか確認してみましょう。

やりたいことができない環境は、ストレスがかかりやすいです。成長を感じられず、不満もたまりやすくなります。

ロンドン大学の研究では、

自由に選択できる社長のほうが、サラリーマンよりも長生きする

という結果が出ています。

これは、「やりたいことができないと、健康に悪いよ」ということを証明してますね。

だからこそ、転職先では自分のやりたいことが可能かどうか、必ず確認しましょう。

ゴリッと成長につなげ、ストレスをグッと減らすためです。
yasu

もしも新卒の採用がしたいなら、新卒をガンガン採用してる会社を優先して探してみましょ。

在宅患者へのフォローを極めたい人は、在宅の実績がある薬局を探してみましょう。

こうして自分のやりたいことを優先できるようになると、自己肯定感もグンっと高まります。

好きな仕事の割合が増えれば、毎日が楽しくなります。

もちろんあなたが起業しないかぎりは、やりたいことばかりではいけません。

苦手な仕事をする必要もあるでしょう。やりたくなさすぎて、投げ出したいときもあるはずです。

しかし、「自分のやりたい仕事」の割合が多いなら、嫌な仕事でも乗り越えられるはずです。

自分のやりたいことの見つけ方

普段の仕事で「もっとこうなればいいのに」と思ってることありませんか?

実は、そこから「やりたいこと」が見つかるケースが多いです。

たとえば、今の薬局の集客スタイルは「立地」です。立地がよければ、患者さんは来ますよね?

裏を返すと、自分たちの商品力やサービスで勝負してる薬局は、ほとんどありません。

そこで薬局のファンを「薬局の力だけ」で増やしたいと考えたとします。すると、いろいろな切り口が出てきますよね?

  • ネット上でファンを作れないか?
  • 患者さんが満足できるサービスを作れないか?
  • 他の薬局にはない強みを出せないか?

切り口を考えたら、あとは解決策を考えるだけです。

今の会社ではできなくても、他の会社ならできる可能性があります!
yasu

転職では「年収」や「人間関係」がもちろん大事です。しかし、やりたいことが見つからない会社もキツいですよ。

なので、転職先では「自分のやりたいことができるか?」を考えてみましょう。

やりがいやモチベーションにつながり、後悔のない転職になるはずです。

職場は必ず見学しよう

「この会社で働いてみたい!」という転職先が見つかったら、必ず現場を見学しましょう。

現場で話を聞いてみないと、わからないことがたくさんあるからです。

たとえば、下記の通りです。

  • コミュニケーションはとれてるか?
  • 人員は足りてるか?
  • システムは整ってるか?
  • 残業が多くないか?

見学せずに入社したらどうなるか?

「思ってたのと全然違う......。」と感じるかもしれません。
yasu

転職で失敗しないためにも、時間をつくって見学しましょう。

余裕をもって準備しよう【転職サイトに登録する】

いますぐ転職する気がなくても、転職サイトだけは登録しておいたほうがいいです。

というのも、ストレスや疲労の限界がくると、転職する気が失せるから。心に余裕がなくなると、正しい判断もできなくなるんですよ。

第三者からみたら異常な仕事量なのに、忙しすぎて思考が止まると、その仕事量が普通に感じてしまうのです。

ぼくも忙しかった時期は、転職を考える余裕すらありませんでした......。
yasu

そこで転職サイトの登録です。

転職という選択肢があれば、心の余裕につながり、落ち着いて自分の状況と向き合えます。

転職サイトからは求人情報が、定期的にメールで流れてきます。ストックしておくだけでも、安心感がありますよね?

どんなにしんどい状況でも、「転職」というカードを切れる準備ができている。これは強いです。

こうすることで、登録するハードルも超えているので、いざ「この会社、もう辞めたい!」となったときも、スムーズに転職活動に移れます。

条件に合った新規求人や、転職可能なおすすめの求人をストックするためにも、転職サイトにはすぐに登録しておきましょう。

おすすめの転職サイトは、下記にまとめています。

薬剤師のおすすめ転職サイトランキング【失敗しない選び方を現役薬剤師が解説】
薬剤師のおすすめ転職サイトランキング【失敗しない選び方を現役薬剤師が解説】

薬剤師におすすめの転職サイト3選

薬剤師におすすめの転職サイト3選

ここからは、おすすめの転職サイトを紹介します。

結論、下記の通りです。

すべての転職サイトは無料で登録できます。利用するに当たって、料金が発生することもいっさいありません。

登録後は、いまの状況を確認するための電話がくるだけです。

  • 今の職場には、どんな不満がありますか?
  • どのような会社へ転職を希望ですか?
  • 転職時期はいつ頃を希望ですか?

上記のような質問に答えたら、その後しつこい連絡もありません。

通話時間は、およそ15分〜30分ほどですよ。

時間があるうちに、サクッと済ませましょう!
yasu

では、おすすめの転職サイトについて解説していきます。

マイナビ薬剤師

転職サイトで1番おすすめなのは、マイナビ薬剤師です。

理由は下記の通りです。

  • 求人数が多いから
  • 拠点数が多いから
  • サポートが手厚いから

求人数は転職サイトの中でもトップクラス。薬局だけじゃなく、ドラッグストアや企業の求人にも強いです。

求人 マイナビ薬剤師 ファルマスタッフ 薬キャリエージェント
調剤薬局 33,000 32,000 22,000
病院 3,200 2,900 2,800
ドラッグストア(調剤併設) 6,400 5,100 3,400
ドラッグストア(OTCのみ) 8,400 970 500
企業 5,300 430 110

※本情報は2022年5月時点での情報です

求人数が多いので、希望にマッチした転職先が見つかりやすい!
yasu

さらに全国に展開してる拠点数も多く、これも転職サイトの中でトップです。

転職サイト 拠点数
マイナビ薬剤師 15
ファルマスタッフ 12
薬キャリエージェント 2
リクナビ薬剤師 4
ファーマキャリア 1

※本情報は2022年5月時点での情報です

詳しい拠点は下記の通りです。

札幌、仙台、さいたま、千葉、東京、横浜、名古屋、石川、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡、鹿児島

地方に住んでいる方でも、気軽に利用できますね。

最後に、マイナビ薬剤師は手厚いサポートでも有名です。

はじめての転職ならば、親身になって相談にのってくれます。面接に同行してくれるサービスもありますよ。

面接で緊張しがちな方には、ありがたいサポートですよね。
yasu

マイナビ薬剤師のデメリットや口コミなど、ここでは書ききれない内容は、下記にまとめています。

マイナビ薬剤師が誰からも選ばれる強み3選!【現役薬剤師が徹底解説】
マイナビ薬剤師がみんなから選ばれる「強み」3選!【現役薬剤師が徹底解説】

※クリックすると公式ページに飛びます

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは日本調剤が運営する転職サイトです。

日本調剤への転職をおすすめされるんじゃ? と思うかもですが、そんなことはありません。

きちんと希望に沿った求人を提示してくれますよ!
yasu

おすすめな理由は、下記の通りです

  • 高収入の案件が多い
  • 派遣の求人がある

とくに高収入の案件が多いのはうれしいですよね。

具体的には、年収600万を超える案件がゴリッと存在しています。

年収が低くてモチベーションが下がってる薬剤師にとっては、おすすめの転職サイトでしょう。

正社員だけじゃなく、派遣にも興味がある方はファルマスタッフ一択です。

派遣の求人数は、他のサイトの比ではありませんよ。
yasu

ファルマスタッフのデメリットや口コミなど、ここで書ききれない内容は、下記にまとめています。

ファルマスタッフが薬剤師から選ばれる理由とは?【実際に利用した経験あり】
ファルマスタッフが薬剤師から選ばれる理由とは?【実際に利用した経験あり】

※クリックすると公式ページに飛びます

薬キャリ

薬キャリはエムスリー株式会社が運営してる転職サイトです。
特徴は下記の通りです。

  • 転職までのスピードが早い
  • 病院の求人が多い

転職サイトに登録してから内定をもらうまでのスピードは、業界トップクラスです。

早すぎて引くレベルですw
yasu

内定をもらうまで最短3日、平均すると1ヶ月と、おそるべきスピードです。

急ぎで転職先を見つけたい方には、頼もしい転職サイトでしょう。

もちろん早さだけではなく、サービスの質も高いですよ。希望に沿った求人を、10社まで提示してくれますから。

エムスリーは病院とのつながりが深いため、病院の求人が多いです。

病院の転職先を考えてる人は、薬キャリ一択と言えるでしょう。
yasu

薬キャリのデメリットや口コミなど、書ききれない内容は、下記にまとめています。

薬キャリの評判・口コミはどう?【利用経験のある著者が解説します】
薬キャリの評判・口コミはどう?【利用経験のある著者が解説します】

※クリックすると公式ページに飛びます

薬剤師の転職に関するQ&A

薬剤師の転職に関するQ&A

ここからは、あなたの感じている「転職への不安や悩み」を、Q&A方式で回答していきます。

少しでも参考になればうれしいです!
yasu

失敗しそうで転職が怖いです......

はじめての転職って、失敗しそうで怖いですよね。

ぼくもそうでした。気持ちはものすごくわかります。

  • 転職してもブラックな会社だったらどうしよう?
  • どこで働いても、結局一緒だよね?
  • 信頼を1から積み上げるのがしんどいな.......。

上記のようなことを、ずっと考えてました。

大手に買収されてから中小企業に転職するまで、2年かかってます。

なぜなら、失敗が怖かったから。

転職した先も、また大手に吸収されるくらいなら、転職しないほうがいいのでは? とも思ってました。

転職1つで人生が変わる! と考えちゃうと、どうしても怖くなるんですよね......。
yasu

でも「自分はやりたいことをやるために転職する!」と決断してからは、一気に悩みがふっ飛びました。

今では転職してよかったと思ってます。

もっと早く転職していれば、悩んでる時間も少なくて済んだのに、とさえ思います。

失敗が怖いのはわかりますが、まずは行動しないと何もはじまりません。

転職するときは誰でも不安になります。みんな一緒です。

受験と同じで、失敗するかもしれないから不安になるんです。しかし、そこを乗り越えた人だけが前に進めます。

勇気をもって1歩を踏み出しましょう。応援しています!
yasu

転職ってネガティブなイメージじゃないですか?

転職にネガティブなイメージを持つ人も多いです。というのも、転職を「逃げ」と考える人が多いから。

  • 人間関係がつらいから逃げるんでしょ?
  • 忙しくてしんどいから逃げるんでしょ?
  • 入社して3年しか経ってないのにもう辞めるの?

上記のように考える人が、まだまだ多いからです。

では、ネガティブな理由で転職するのは悪いのでしょうか?

ぼくは悪いとは思いません。

高圧的な上司と働いていたら、上司の目ばかり気にする人生になります。
向上心のない職場では、自分のやる気もなくなっていきます。
人間関係が悪かったら、楽しく働けるわけありません。

メンタルが壊れるまで、しんどい会社で働き続けるメリットはあるでしょうか? もちろん、ないですよね。

周りからどんな目で見られようが、ネガティブなイメージだろうが、そんなの関係ありませんよ。

それよりも、自分の感情を大事にしましょう。

この職場で働きたくない! と思ったら、それが答えです。

イメージがどうこうではなく、自分の気持ちに素直になりましょう。

転職のベストなタイミングっていつ?

結論から言うと、転職したいと思ったらそのときがベストなタイミングです。

全員に当てはまるような、タイミングはありません。

というのも、会社を辞めたい理由が人それぞれだから。

  • 年収が低い
  • 人間関係がつらい
  • もっと自分の時間を作りたい

辞めたいと思う時期は、上記のような理由によって変わってきます。

一方で、転職市場が活発になるタイミングはあります。

ずばり、年度が変わる3月と、ボーナスの時期である6月・12月です。

退職者の出やすいこの時期は、求人が増える傾向です。

転職サイトに登録したら必ず転職しなきゃいけないの?

転職サイトに登録したとはいえ、転職しなくてもOKです。

もしアドバイザーの方に転職を急かされたとしても、転職しなくて大丈夫です。

ただし、いつ辞めてもいいように、登録だけはしておきましょう。

今すぐ転職しなくとも、いつ会社を辞めたくなるかわかりませんから。

まとめ:失敗しないためにまずは転職サイトに登録すべし

失敗するのが怖くて、転職に踏み切れない人は多いです。

しかし、本記事の内容を実践していただければ、ベストな職場が必ず見つかります。

失敗しないための最大のコツは、心に余裕があるうちに、転職サイトに登録しておくこと。

限界がきたら、転職という「ジョーカー」が切れる状態を作っておくことです。

すると余裕をもって働けるので、人間関係のストレスや、疲労でたおれる前に手を打てます。

余裕をもって行動できると、失敗する確率がグッと減りますよ。

おすすめの転職サイトは、下記にまとめています。

薬剤師のおすすめ転職サイトランキング【失敗しない選び方を現役薬剤師が解説】
薬剤師のおすすめ転職サイトランキング【失敗しない選び方を現役薬剤師が解説】

本日は以上になります。

  • この記事を書いた人

yasu

薬局で働く9年目薬剤師。現役の管理薬剤師です。当サイトでは、自らの経験をもとに薬剤師の悩みや不安を解決します。転職経験あり【中小企業(6年)→M&Aで大手勤務(2年)→中小企業】。年間100冊読書。1人娘の家庭持ち

-薬剤師の転職Q&A