薬剤師の悩み

薬剤師のぼくがなぜ転職したのか「体験談」をお話します【結論:挑戦したかったから】

薬剤師のぼくがなぜ転職したのか「体験談」をお話します【結論:挑戦したかったから】

薬剤師が転職を決意した「体験談」を知りたい。

そんな疑問をお持ちではないですか?

こんにちは、yasuです。

今回は転職しようか迷ってる薬剤師へ、ゴリゴリの体験談を語っていきます。

誰もお前の転職話なんて聞きたくね〜よ! という方も多いと思いますが、ちょっと待ってください!

実は体験談からの学びは多いんですよ! なぜなら、体験した人しかわからない「経験」を学べるからです。

いわば読書と一緒です。著者が何年もかけて学んだことを、1冊の本からサクッと学べる。これほどコスパのいいものはありません。

体験談は読書と一緒です。

  • 転職したきっかけ
  • 失敗しないためのコツ
  • 転職してどうか?

をみっちり学べるのです。

控えめに言って、読んで損はありません!
yasu

転職しようか悩んでるあなたへ、学びの深い記事になると保証します。

薬剤師の転職体験談はネガティブが多い

薬剤師の転職体験談はネガティブが多い

薬剤師に限らず、転職にはネガティブなイメージがありますよね。

というのも、職場がいやになって辞めるケースが圧倒的に多いから。

  • 年収が低い
  • 残業が多い
  • 人間関係がつらい

上記のような理由で辞める方が多いです。

ネットの体験談では「前職は本当につらかったけど、転職してからハッピーになった!」 というものが多いです。

そういった理由で辞めるのに反対はしません。転職したほうが楽しく働ける可能性もあるからです。

しかし、逃げるように転職するのはあまりよくないと思います。

なぜなら、どんな職場にも「ここが嫌だな......」と感じるところは必ずあるから。

転職先で働き続けるためには「この会社で働きたい!」という、ポジティブな要素が必要です。

ぼくはポジティブな理由で転職した

ぼくの前の会社は、M&Aで大手に買収されました。中小で働いた期間は5年くらいで、あっという間に合併されました。

詳しくは下記をご覧ください。

【調剤薬局】中小と大手の絶対的な「違い」とは?【M&Aで合併経験あり】
【調剤薬局】中小と大手の絶対的な「違い」とは?【M&Aで合併経験あり】

最初は「大手でがんばろう!」と思ってましたが、そのやる気もすぐに失せました。

なぜなら、入りたくて入った会社じゃないからですね。

とはいえ、逃げるように辞めても次につながりません。次のステージでは「やりたいことをやろう!」と決めたのです。

転職を決断した理由3選

転職を決断した理由3選

では、どのような理由で転職したのか?

結論、下記の3つです。

それぞれ深堀りしていきます。

挑戦したかったから

前職のときから、ぼくにはどうしてもやりたいことがありました。

結論から言うと、コンテンツ作りです。

ホームページ作ったり、SNS運用したり。そういうのを、まじでやってみたかったんです。

ブログをしてたのもあって、興味がありました。それを本業でも活かしたい! と思ったんです。

で、ぼくの転職先の社長が新しいこと好きで。SNSやコンテンツ作りに、前向きな方でした。

「薬剤師は薬剤師として働く。そんなルールないよ。他の仕事をしてもいいんじゃない?」

面接のときには、そのようなこともおっしゃってました。

人生1度きり。平凡な人生を歩みたくない。

そう思ったぼくは、あまり深く考えることもなく「この会社に入社します!」と言ってましたね。

今まさに、新しいコンテンツ作りが始まるところです。もちろん、薬剤師の仕事をしながらなので忙しくはなりますが、やりがいを感じてます。

このような会社に出会えたのも、行動し続けてきたからこそ。

詳しくは下記のような流れです。

  1. ブログでコンテンツ作りが好きになった
  2. 薬剤師以外の仕事にも挑戦したくなった
  3. IT事業のある会社を探した
  4. 今の会社に出会う

本当に良かったと思っています。

自分の強みを活かしたかったから

転職先では「自分の強み」を活かしたかったんですよね。

では、ぼくの強みは何か? ストレングスファインダー(自己分析ツール)では下記の通り。

  • 最上思考(苦手なことより得意なことを伸ばしたい)
  • 内省(考えることが好き)
  • 学習欲(結果よりもプロセスが好き)
  • 未来志向(未来にワクワクする)
  • 達成欲(積み上がってる感覚がほしい)

つまり自分は、

得意なことを頭で考えて、積み上げたい人

なんだと思います。

ちなみに、下記の本を購入すると自己分析テストを受けられます。

「めっちゃ当たってる!」と感動するレベルです。自分では気づいてなかったけど、実際にはそうかも! という部分が、ものすごくありましたね。

好きなこと、得意なこととは?

で、好きなこと、得意なことは「文章を書くこと」なんですよね。

もちろん、プロの書き手に比べたら質は落ちます。まだまだペーペーです。間違いねぇっす。

ただこのままでいいとは全然思ってなくて。

下手くそだからこそ、もっとうまくなりたい! と思えるんですよね。ことライティングに関しては。

前職では薬剤師の仕事しかできませんでした。みんなができるような仕事しか、任せてもらえなかったんです。

自分にしかできない仕事って、テンション上がります。

「誰でもできる仕事」と「代わりがいない仕事」のどっちに魅力を感じますか?

ぼくは圧倒的に後者でした。自分の強みが活きる仕事がしたい。そして結果を残したい。

ずっとそう考えていたので、転職しました。

環境を変えたかったから

ぼくはどうしても環境を変えたかった。なぜなら、前職の居心地が良すぎたから。

およそ6年間、同じ店舗にいました。業務のほとんどはルーティン化され、知らないことはほぼない状況でした。

人は居心地のいい空間にいると、だらけます。なかなか抜けられません。居心地が悪い環境を避ける傾向にあるからです。

厄介なのが、居心地がいいと人は成長しないこと。不安や不快感がないと、人は成長しません。

手っ取り早く成長するためには、環境をまるっと変えたほうがいいです。

「えー、それ大変じゃん!」と思うことをやったほうがいいです。そっちのほうが成長できます。

ぼくも転職後は、不安しかありませんでした!
yasu

だって人間関係も信頼も、すべてが「0」のスタートですから。また1から作るのは大変です。

でも、そのしんどさがあったから学びも多かったのも事実。前職を続けていたら経験できなかったでしょう。

誰しも居心地の悪いところには行きたくないもの。しかし、そこに価値があると信じた結果、成長につながったと思えます。

転職を失敗しないためのコツ

転職を失敗しないためのコツ

では、転職に失敗しないためのコツはなんでしょう?

結論、「人間関係」と「やりがい」です。

この2つがマッチするなら、転職成功も間違いなしです。

とはいえ、どうすれば人間関係のいい職場に就けるか? やりがいをもって働けるか? そんなのわからないですよね。

それぞれ解説していきます。

人間関係を調査しよう

コミュニケーションのとりやすい会社は、働きやすい職場です。例外はありません。

では、どうすればコミュニケーションのとれる会社か判断できるでしょう? 結論、現場を見学するしかありません。

めんどくさいけど、絶対やったほうがいいです!
yasu

人事の方や、社長と面談してもわかりません。直接現場に行って、見学させてもらわないとわからないんです。

なので、気になる会社があったら必ず現場は見ておきましょう。そこで円滑なコミュニケーションがとれてるか、判断しましょう。

やりがいがあるか

やりがいがあるのは大事。めっちゃ大事です。

やりがいって言うと大それたものをイメージしがちですが、そんなんじゃなくてOKです。

もっと在宅の仕事をしたい、とか。人事採用をしてみたい、とか。

つまり、やりたいことでOKです。

1つでもやりたいことが実現できる職場に転職しましょう。なぜなら、やりがいがあると、楽しく仕事ができるから。

人生1度きりだし、楽しく仕事したいじゃないですか。せっかくだし、楽しく働ける場所を探しましょ。

まとめ

今回はぼくの転職体験談を書きました。ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

この記事を読んでる方の多くは、転職しようか悩んでる方と思います。もちろん、人生の大きな決断ですので、「サクッと転職しようよ!」とは言えません。

しかし、現状に不満が多い方。ぶつけたいエネルギーがメラメラ湧いてる方。環境を変えるのが1番おすすめです。

自分を変えるのは難しくても、環境が変われば自分も変わっていきますから。

おすすめの転職サイトは下記で解説しています。

薬剤師のおすすめ転職サイトランキング【失敗しない選び方を現役薬剤師が解説】
薬剤師のおすすめ転職サイトランキング【失敗しない選び方を現役薬剤師が解説】

一緒に頑張りましょう。本日は以上になります。

  • この記事を書いた人

yasu

薬局で働く9年目薬剤師。現役の管理薬剤師です。当サイトでは、自らの経験をもとに薬剤師の悩みや不安を解決します。転職経験あり【中小企業(6年)→M&Aで大手勤務(2年)→中小企業】。年間100冊読書。子持ち(2人)。

-薬剤師の悩み