薬剤師の悩み

アイン薬局を辞めたいと思う本当の理由と、とるべき行動戦略【元大手の著者が徹底解説】

アイン薬局を辞めたい方へ!ぼくがアイン薬局を辞めた5つの理由を教えます

アイン薬局を辞めたいけど、大手を辞めるのはこわい。調剤薬局って、大手しか残らないの?

そんな悩みに答えます。

2022年、薬局は大きなゲームチェンジを迎えています。というのも、オンライン化が進み、収益を上げるのがきびしいフェーズに入っているのです。

昔は病院のとなりに薬局を建てれば、それだけでドル箱でした。今は国の求める「患者さんへの価値提供」をしないと生き残れません。

であるなら、アイン薬局は強い!大手で安定してる!

って思考は、結構リスク高いです。

どうも、薬剤師ブロガーのyasuです! M&Aで、大手調剤薬局で働いてた経験があります。

本記事では、

  • アイン薬局を辞めたい理由
  • アイン薬局を辞める前に考えること

上記を解説していきます。

結論、大手でも中小でも、安定してる企業なんてないんです。だったら自分のやりたいことを探し、それに見合った職場で働きましょう。

アイン薬局にとどまるか。それとも辞めるのか。

本記事を読めば、上記の選択ができるようになります。

アイン薬局の離職率

アイン薬局の離職率

はじめに、アイン薬局の離職率をみていきましょう。

結論から言うと、4.5%です(2021年4月期)。公式サイトから引用したので、間違いないでしょう。

この数値、ぶっちゃけ低めです。なぜなら、離職率の平均は14.2%だから。

ブラック企業とは言えませんね。
yasu

アイン薬局を辞めたい理由5選

アイン薬局を辞めた理由5選

アイン薬局を辞めたい理由は、下記の通りです。

  • 給料が低い
  • キャリアアップのイメージが湧かない
  • ルールがきっちりしてる
  • 自分を「駒」だと感じる
  • 残業が多い

では、それぞれ解説していきます。

給料が低い

調剤薬局の中でも、アインは給料が低めです。初任給(月給)は、以下の通り。

ナショナル社員 広域エリア社員 狭域エリア社員 自宅通勤社員
40時間 / 週
バランスよく働きたい方向け
350,000 295,000 265,000 250,000
32時間 / 週
子育てや介護をしながら、
勤務し続けたい方向け
280,000 236,000 212,000 200,000

※スマホの場合横スクロールできます

引用:アイングループオフィシャルウェブサイト

ナショナル社員とは「全国どこでも働きます!」と志願した、ゴリゴリ体育会系の社員のこと。全国を走りまわる分、給料は高めです。

一方、地元で働きたい人にとっては、給料がイマイチですよね。ナショナルが35万に対して、25万ですから。その差がエグい。

「地元で働きたいけど、収入も欲しい!」という方は、アインで働くのはしんどいでしょう。

薬局長になれば、55,000円の手当がつき、年収もグッと上がります。とはいえ、そもそも基本給が低いスタッフにとっては、「スズメの涙」感が否めません。

しかも月20時間までは、残業代が出ないんですよね...
yasu

アインの薬局長は、報告業務やシフト業務で忙しい上に、給料が低い。実際に、給料が低いから辞める人は多いです。

キャリアアップのイメージが湧かない

アインなどの大手では、キャリアアップのイメージが湧きづらいんですよね。とくに、薬局長のあとのキャリアアップが

エリアマネージャークラスになれるのは、ほんの一握り。部長クラスにはどうやったらなれるのか、まじでわかりません。

「私は絶対に役員になる!」と熱意をもって突き進める人にとっては、気にすることもないでしょう。

ただ、そんな情熱のある人ばかりじゃないですよね?

ぼくの場合は、M&Aで大手に入ったわけですから。熱意がめちゃくちゃ高いわけではありませんでした。

前に進んでる感覚がないと、モチベーションを保つのはガチで難しい

キャリアアップのイメージが湧かず、アインを辞める人もいます。

ルールがきっちりしてる

大手であるアイン薬局は、ルールがきっちり決められています。これ、メリットである反面、デメリットになるときもあります。

「自分ならこうやるのにな...」と思っても、上層部が答えを出してますから。創意工夫の余地が、ほとんどありません。

たとえば、効率化の方法だったり、加算の取り方だったり。そういったものはすべて、担当の部署がマニュアルを作ります。

つまり、0→1は上層部が作って、1→10は現場がやるイメージです。

0→1に興味がある人は、少し物足りなさを感じるかもしれません。
yasu

自分を「駒」だと感じる

アインほどの大きな会社だと、上層部がポンポン意思決定をしていきます。

  • 「目標」や「やり方」を決める→運営側の仕事
  • 「目標」を達成する→現場の仕事

上記のような感じです。

アインの意思決定は、まじで早いんですよね。
yasu

「かかりつけの患者さんを増やしましょう!」と指示が出たら、忙しくてもやるっきゃありません。

かかりつけの進捗はデータ管理され、毎日のように「数字」で公開されます。

「〇〇店のかかりつけ増えてます!工夫した点はこれです!」みたいな情報も、全店に公開されます。

会社である以上、必要な施策だとわかってます。目標を決め、そこに向かって努力しないことには、国の求める薬局になれませんから。

ただ、どうしても......
「自分は会社の駒なのか?」と感じる方が多いです。

アイン薬局はスタッフを駒だと思ってないですよ。むしろ、大事にしているほうでしょう。

ただ大手ゆえに、上層部の「声」や「考え方」を、身近に感じられない。それが、駒だと感じる理由です。

残業が多い【人員が足りてない】

店舗によっては、残業が多いです。というのも、人員が足りていないから。

新人が入らないわけじゃないんですよ。毎年、500人をゆうに超える薬剤師が入社しています。

にもかかわらず、依然として人員不足が解消されません。
yasu

もちろん、店舗数が1,000を超えるので、必要なスタッフ数も多くなる。コロナ禍で「派遣切り」してるのも、影響してるかもしれません。

現状、「いつになったら人員は落ち着くのだろう?」と思ってるスタッフは多いです。

アイン薬局を辞める前に考えること

アイン薬局を辞める前に考えること

ここまで「アイン薬局を辞めたい理由」をつらつらと書いてきました。お付き合い、ありがとうございます。

さぁ、ここからが本番です。ズバリ、辞める前に考えてほしいことをお伝えします。

結論、下記の通りです。

  • アイン薬局に残る
  • 転職する

それぞれ解説していきます。

このままアイン薬局に残る【大手の強み】

アイン薬局を辞めたい!と思ってから、勢いで退職するのはリスクが高すぎます。なぜなら「アインのほうが良かった」と、後悔するケースもあるからです。

そこで、アイン薬局の強みを再確認しましょ。

この強みに魅力を感じるなら、退職しないでください。
yasu

下記の通りです。

  • 最新の設備がある
  • 研修や勉強会での学びが多い
  • 近い未来につぶれることはない

設備への投資は惜しみませんし、研修制度もしっかりしています。設備面にメリットを感じたり、研修での学びを大事にしたい方は、アインへの残留を考えましょう。

また、近いうちに倒産するイメージもないですね。コロナ禍のきびしい現状で、利益も出してますんで。

ただ、10年後、20年後はわかりません。ここは自分の頭で、じっくり考えてみてください。

「自分のやりたいこと」を明確にして転職

自分のやりたいことがあるなら、転職がおすすめです。なぜなら、アインじゃできないことも多々あるからです。

たとえば、

会社を巻き込んで、自分のアイディアを実現する

とかですね。これ、大手じゃできません。

というのも、上層部までの「距離」が遠いからですね...
yasu

アインじゃ実現できないことも、他の薬局なら実現できるケースは多いです。

転職するなら転職サイトを利用するべし!

とはいえ、転職先ってどう見つければいいの? という方も多いでしょう。そんな方には、転職サイトの利用をおすすめします。

数ある転職サイトで、どこを利用するか迷うくらいなら、マイナビ薬剤師がおすすめです。なぜなら、求人数がダントツで多いから。

求人数が多いと、自分に合う職場を見つけやすいメリットがあります。この職場に行きたい!と思える案件に、出会える確率が上がります。

「転職って言ったって、どこの会社も似たり寄ったり。良い会社なんてない」

なんて、悲観的にならないでください。

もちろん時期にもよりますが、あなたの望みに近い職場は必ずあります。

あなたに転職の意思が少しでもあるのなら、話を聞いてみるだけでも価値がありますよ。

転職で失敗しないためのコツは、下記にまとめています。

【薬剤師の転職】失敗しないためのコツ7選【転職経験者がわかりやすく解説】
【薬剤師の転職】失敗しないためのコツ7選【転職経験者がわかりやすく解説】

ここでは書ききれないマイナビ薬剤師の強みや評判については、下記にまとめています。

マイナビ薬剤師が誰からも選ばれる強み3選!【現役薬剤師が徹底解説】
マイナビ薬剤師がみんなから選ばれる「強み」3選!【現役薬剤師が徹底解説】

yasuはどこに転職したのか?

yasuはどこに転職したのか?

ぼくは大手から、地元の中小企業に転職しました。

その企業を選んだ決め手は、いろんな事業に手を出していたこと。

社長さんが前向きだったんですよね。自分の会社が生き残るためにどうするか?をめちゃくちゃ考えてた。

ぼくは薬剤師も好きですが、他の仕事にも興味があります。このブログをはじめたのも、WEB系とライティングに興味があったからです。

事業をたくさん展開してるならば、「仕事の幅を広げるチャンス」がある。そう思いました。

社長さんにも、「今後、薬剤師じゃない仕事もやってみたい!」と伝えたら、快く引き受けてくれました。

もちろん、年収も上がりましたよ。家族がいるので、そこも譲れないポイントでした。

アイン薬局を辞めたい人へ【よくあるQ&A】

アイン薬局を辞めたい人へ【よくあるQ&A】

ここからは、アイン薬局を辞めたい人が抱く「不安」を解消していきます。

調剤薬局は大手しか残らない?

短期的な目線なら「NO」。長期的なら「YES」です。

その理由は、「病院を受診して近くの薬局へ行く」流れは、しばらく続きそうだから。であるなら、中小でもいきなり潰れることはないでしょう。

しかしデジタル化が進み、Amazonが薬局業界に進出してくるとなると、話は別です。

  • 家でクスリの説明を受けられる
  • 自宅までクスリを送ってもらえる

上記が「当たり前」になる時代が、おそらく来るからです。となると、ぶっちゃけ中小が生き残るのは難しいでしょう。

大手と中小の違いは?

ぼくは中小と大手のどちらも経験しています。主な違いは、下記の通り。

  • 社内の風通し
  • 社内ルール
  • 利益への意識

下記の記事でくわしく書いてますので、気になる方は読んでください。

>>【調剤薬局】中小と大手の絶対的な「違い」とは?【M&Aで合併経験あり】

中小でも生き延びられる?

結論から言うと、薬局だけの事業では難しいかと。なぜなら、薬価は下がり続け、法律もきびしくなってるから。

このままじゃ、どんどん赤字になる企業が増えそうです...
yasu

そうなると、何かしら対策が必要ですよね。

病院やドラッグストア、MRへの転職もあり?

結論としては、転職に何を求めるか?によりますね。

たとえば、お金を求める場合。MRの年収がダントツで高いですが、営業がきらいであれば、おすすめできません。なぜなら、長くは続かないからです。

一方で、やりがいを求めるケースもあるでしょう。病院薬剤師を目指すのはいいことですが、年収が下がる可能性も高い。そうなると考えものでしょう。

要するに、万人におすすめできる「答え」はありません。
yasu

転職先に何を求めるかは、あなた次第。突きつめて考えてみましょ。

大手からの転職は怖い

大手は安定してる!まだまだ終身雇用じゃー!と考えてる人もいるでしょう。

残念ながら、そんなに甘くはありません。下記のような事例がありますから。

  • トヨタ社長の「終身雇用は難しい」発言
  • パナソニックやフジテレビの大規模リストラ

どの会社も、いつ何があってもおかしくない時代です。であれば、安定だけを求めて大手に残るのはリスクが高いです。

まとめ:やりたいことがあるなら勇気を持って転職しよう

今回は、

  • アイン薬局を辞めたい理由
  • アイン薬局を辞める前に考えたこと

上記を解説しました。

アイン薬局を辞めたいと思っても、はじめての転職で怖い人もいるでしょう。とはいえ、大手でもリストラがある時代です。

アインに残るのも1つの手ですが、しんどい思いをしていたり、やりたいことがあるなら転職に踏み切りましょう。

おすすめの転職サイトは下記記事で紹介しています。

薬剤師のおすすめ転職サイトランキング【失敗しない選び方を現役薬剤師が解説】
薬剤師のおすすめ転職サイトランキング【失敗しない選び方を現役薬剤師が解説】

ぜひ参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人

yasu

薬局で働く9年目薬剤師。現役の管理薬剤師です。当サイトでは、自らの経験をもとに薬剤師の悩みや不安を解決します。転職経験あり【中小企業(6年)→M&Aで大手勤務(2年)→中小企業】。年間100冊読書。1人娘の家庭持ち

-薬剤師の悩み