薬剤師の働き方

【フリーランス薬剤師は最強説】年収を2名のモデルケースで徹底解説!

【フリーランス薬剤師は最強説】年収を2名のモデルケースで徹底解説!

薬剤師の資格を活かして、自由に働きたい!
フリーランス薬剤師ってどれくらい稼げるの?

そんな疑問にお答えします。

最近増えてますよね、フリーランス薬剤師。というのも、正社員「あるある」の人間関係のしがらみや、会社の拘束から解放されるから。

自由な働き方かつ、年収もある程度コントロールできるのが魅力です。

こんにちは、薬剤師ブロガーのyasuです。

本記事では、実際にフリーランスで生計を立てている薬剤師2名の「働き方」や「年収」について解説します。

フリーランスとして実績を積み上げてる方々なので、いわゆる「嘘っぱち」の情報ではありません。
yasu

結論から言うと、自由に働きながら、正社員よりも大幅な年収アップが可能です。

本記事を読めば

  • フリーランスはどれくらい稼げるのか
  • フリーランスになるためのおすすめの方法

上記がわかります。

正社員を続けるか、あるいはフリーランスに転身するか。その選択ができるようになりますよ。

フリーランス薬剤師とは?

フリーランス薬剤師の特徴

フリーランス薬剤師とは、会社に所属せずに働く薬剤師のことです。

自ら働く場所を決め、働いた会社から給与をもらいます。ここでのポイントは、給与は雇用主ごとにもらえるところ。

たとえば、A薬局とB薬局をかけもちで働いた場合、それぞれの薬局から取り分をもらう感じです。

一方で会社員は「働く場所」も「給与」も、すべて会社が用意してくれます。もちろん、勤めている会社からしか給与はもらえません。

派遣薬剤師との違いは?

同じような働き方で、派遣があります。

しかし、派遣とフリーランスは「似て非なるもの」。決して同じではありません。

ではどこが違うのか?

それは「会社員かそうじゃないか」の違いです。派遣は派遣会社のサラリーマンである一方、フリーランスは会社に属しません。

そこで生まれる大きな違いが「仲介料(マージン)」です。

仲介料(マージン)とは?

派遣会社の仕事は、薬局と薬剤師の「橋渡し」です。

つまり「派遣薬剤師が欲しい!」という薬局に、薬剤師を紹介するのが派遣の仕事。で、そこには紹介料ってことで、マージンが発生します。

マージンは時給のおよそ30%。時給5,000円の職場なら、3,500円が薬剤師に、1,500円が派遣会社の懐に入ります。

一方で、フリーランスはマージンが発生しません。なぜなら、個人で業務提携を組んでいるから。

時給4,000円の職場であれば、そのお金はすべて薬剤師のものです。
yasu

雇う側にしたら、マージンはできれば払いたくないですよね。フリーランスなら、このデメリットを解消できるのです。

フリーランス薬剤師の特徴

フリーランス薬剤師の特徴

ではここからは、フリーランス薬剤師の特徴について話します。わかりやすく図解されてるものがあったので、紹介しますね。

今回は「働き方」と「年収」に焦点を当て、解説していきますよ!
yasu

好きな時間に働ける

フリーランス薬剤師は好きな時間に働けます。

たとえば、週休3日でのんびり働くとか、週6でゴリっと働くとか、そんな働き方を自分で「選択」できます。

とはいえ、自分の望みがすべて叶うとは限りません。雇用側の都合もあるからです。

ただ、正社員のように働き方を「強制」されることがない。したがって、余計なストレスがないんですよね。

めっちゃ働いたとしても「まぁ、自分が決めたことだしな」と納得しながら仕事ができるのは強いです。

会社の理不尽な扱いに、ブチ切れることはなくなります。

薬剤師以外の副業ができる

さらにフリーランス薬剤師は、薬剤師以外の仕事もできます。

たとえば下記の通りです。

  • Webライター
  • ブログ
  • YouTuber

厳密に言えば、正社員でも副業はできます。しかし、本業が忙しいのでゴリッと副業にリソースを割けません。

ところがフリーランスなら、本業のさじ加減を決められます。

週の4日は本業で、3日は副業にあてる、といった働き方もできるのです。

フリーランス薬剤師の年収

フリーランス薬剤師の年収

フリーランス薬剤師の年収は、ぶっちゃけ働き方次第です。ガツガツ働けば稼げるし、逆に働かないと減る一方です。

「どんな働き方をすれば、年収いくらになるの?」という疑問に答えるために、2名のモデルさんを紹介します。

  • uratakaさん
  • 大学時代の先輩Tさん
それぞれフリーランス薬剤師として活躍されています。
yasu

uratakaさんの年収

uratakaさんは薬剤師歴20年以上のベテラン薬剤師。2020年からフリーランス薬剤師として活動しています。

で、本業で稼ぐ年収は正社員のときとあまり変わりはないようです。

詳細は下記の通り。

時給4,000円×8時間×週4日。年収は6,144,000円。

ただuratakaさんの場合、本業を週4日に抑えている。そこが強い。

年収600万をベースにしつつ、「自分の時間」も作れているのです。

週4日にした理由は、下記の通りです。

  • 家族との時間を増やすため
  • 副業に時間を割くため

Webライターやブログでも副収入があるので、トータルの年収は700万〜800万になってるはずです。

uratakaさんのフリーランスの記事、すごくおもしろいですよ。ぜひ読んでみてください。

>>フリーランス薬剤師とは?実際に1年間働いた経験者がメリット・デメリットを徹底解説!

フリーランス薬剤師4年目のTさんの年収

もう1人は大学の先輩でもあるTさん。Tさんはフリーランス4年目で、本業1本で生計を立てています。

2つの店舗をかけもちしていて、片方は時給5000円だそうです。めっちゃ高いですよね。

直近の年収は800万を超えています。正社員で800万は、なかなか叩き出せません。

Tさんいわく、地方の薬局のほうが時給は高いとのこと。隣県での依頼も受けていて、アクティブに行動されています。

経営者とのつながりも深い方です。
yasu

フリーランス薬剤師をおすすめできない人

フリーランス薬剤師をおすすめできない人

フリーランス薬剤師になれば、大幅な収入アップも夢じゃないです。とはいえ万人におすすめできるかというと、そうでもありません。

では、どんな人にはおすすめできないのか?

それは、家庭のある人です。

家庭もちの人にとってはリスクが高い。なぜなら、「働き場所がなくなる=無収入」となるから。

かくいうぼくも、家庭があります。フリーランスになりたい!と思った時期もありますが、収入がないと家族を守れないので、正社員という道を選びました。

しかし、家庭もちが絶対フリーランスになれないわけではありません。

たとえば、「副業」でゴリゴリ稼げる力があるとか、経営者とのコネが多いとか、そんな強みがあれば可能です。

フリーランス薬剤師になる方法

フリーランス薬剤師になる方法

では最後に「フリーランス薬剤師になる方法」を解説します。

やることはシンプルで、

営業をかけて契約を取る→働く

これだけです。

とはいえMRで営業していた人ならまだしも、ほとんどの人は営業なんてしたことありませんよね?

であるなら、いきなりフリーランスよろしく。裸一貫で突っ込むよりは、まずは派遣で働くのをおすすめします。

なぜなら、派遣なら営業をかける必要がないから。派遣会社が「働き場所」を探してくれるので、安心感がケタ違いです。

まずは派遣でコネを広げ、その後にフリーランスに転身するのもありでしょう。

おすすめの派遣会社はファルマスタッフ

で、おすすめの派遣会社はファルマスタッフです。

というのも、派遣の求人数がダントツで多いから。

他にも派遣紹介エージェントはいくつかありますが、求人数はファルマスタッフが頭1つ抜けてます。

求人数が多いメリットは、働き場所が見つかりやすいこと。そして、人脈を広げやすいことです。

また「優良派遣事業者」として、厚労省から認可も受けているのも強みです。適当に運営してたら、認可を受けることはできませんから。

でも今はコロナ禍だし、派遣の求人数も少ないよね?
yasu

そう考える人は多いでしょう。

たしかに派遣の求人数は、コロナ前に比べるとガクッと減ってます。どこも経営が苦しいので、派遣を雇えないのが現状です。

しかし、案件がまったくの「0」ではありません。今でも派遣を雇ってる会社はもちろんあります。

逆に考えると、コロナ禍にも関わらず派遣を雇ってる会社。そこには「お金に余裕がある」と考えていいでしょう。

となると、そこで働けるのはチャンスです。派遣で信頼を得ることができれば、フリーランスに転身してからも契約してくれる可能性がありますから。

派遣で軌道に乗りさえすれば、フリーランスへの道が開けたも同然。正社員で愚痴や不満を言いながら働く生活とおさらばできます。

ファルマスタッフへの登録は5分で終わります。しかも無料です。

「しつこく勧誘されるのでは?」という不安もあると思いますが、そこは問題ないですよ。

登録後、あなたの現状を知るための電話はありますが、それさえ終わればしつこい勧誘はありません。

「もうちょっと悩もうかな...」と思って、登録をサボるといつまで経ってもフリーランスへの道は開けませんよ。

フリーランスに興味があるような、志の高いあなたなら大丈夫。まずは登録するところからはじめてみましょ。

公式サイトはコチラ→薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

まとめ:フリーランスになって自由に働こう!

本記事では

  • フリーランス薬剤師の年収
  • フリーランス薬剤師のなり方

上記を解説しました。

フリーランス薬剤師の年収は、働き方によって左右されます。ゴリッと働けば天井知らずで、年収1,000万も可能でしょう。

とはいえ、「コネもなければ金もない」状態でフリーランスになるのは不安ですよね。

であるなら、まず派遣に登録して派遣薬剤師としてコネを広げましょう。

おすすめの派遣はファルマスタッフです。登録はサクッと5分でできますので、今やっちゃいましょう。

公式サイトはコチラ→薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

本日は以上になります。

  • この記事を書いた人

yasu

薬局で働く9年目薬剤師。現役の管理薬剤師です。当サイトでは、自らの経験をもとに薬剤師の悩みや不安を解決します。転職経験あり【中小企業(6年)→M&Aで大手勤務(2年)→中小企業】。年間100冊読書。1人娘の家庭持ち

-薬剤師の働き方