薬剤師の転職Q&A

【調剤薬局】中小と大手の絶対的な「違い」とは?【M&Aで合併経験あり】

【調剤薬局】中小と大手の絶対的な「違い」とは?【M&Aで合併経験あり】
  • M&Aされた薬局はどうなるの?
  • 中小と大手の違いは何?
  • 中小と大手、それぞれどんな人が向いてる?

調剤薬局では、M&Aが活発です。
というのも、薬局はコンビニの数より多く、事業を拡大するためにはM&Aが手っ取り早いから。
大手が中小を買収するニュースを、誰しも一度は聞いたことがあるはずです。

ぼくはとある中小企業に勤めていましたが、数年前に大手調剤薬局に「買収」されました。
つまり、中小と大手の、酸いも甘いも全てを知っています。

本記事では、M&Aによって変わったことや、中小と大手の違いを、実体験を基に解説します。
そこらへんのネット情報よりも、実体験なので、信頼性は高いですよ。

今の職場に不満を持つ方にとっては、転職の判断基準にもなるでしょう。
yasu

そもそもM&Aとは?

そもそもM&Aとは?

M&AとはMerger and Acquisitions(合併と買収)の略です。
意味はそのまんまですね。大手が中小を買収して、統合するって意味です。

大手がM&Aをする理由

大手が中小を買収する理由はたった1つ。
事業を拡大させるためです。

新規で薬局オープンするより、既存の薬局を買ったほうが楽なんですよ。
ドクターとの関係性を心配しなくていいですし、何より従業員や設備も整っていますから。

新規オープンだとそうはいきません。

「どの薬剤師を配属させようか?」
「設備はどうしようか?」

など、多くの準備が必要です。

完成されている薬局を買収できれば、スピーディーに事業を拡大できるのです。
yasu

また、収益の見通しが立ちやすいのも、M&Aのメリットでしょう。

中小の利益=大手が買収した後の利益

のように、計算しやすいので(加算を考えると、少し変動はありますが)。

中小企業の経営者はなぜ薬局を「売り」に出すのか?

では、中小企業はなぜ大手に薬局を売るのでしょう?
1番の問題は「後継者」です。

経営陣の高齢化により、後継者がいないと廃業になります。
そうなると、従業員の生活を守れない。泣く泣く売りに出すことも多いです。

一方で、「あと数年したら、経営難しくね?」と感じて売りに出す人もいます。
というのも、経営が赤字になってからでは、売りに出したくても買い手がいない可能性があるから。

たとえば、大手側の考えとして、黒字の薬局と赤字の薬局どちらを買収したいと思いますか?

もちろん、黒字の薬局ですよね。
というのも、買収後も黒字を計算できるわけですから。

で、赤字だったらわざわざ買い取らない。
メリットがないからです。

【調剤薬局】中小と大手の違いとは?

【調剤薬局】中小と大手の違いとは?

では、中小と大手の違いは何でしょう?
「少しは理解してるけど、あまり詳しくない」という方が多いのではないでしょうか?

ぼくが感じた「絶対的な違い」は下記の通りです。

  • 利益への意識
  • ルールの細かさ
  • 社内の風通し

では、さっそく解説していきます。

利益への意識

まずはじめに、「利益への意識」は天と地ほどの差があります。

中小の場合、「利益は二の次!」と考えてるスタッフが多いのではないでしょうか?
ぼくの場合、会社からそこまで利益を求められなかったですし。
会社全体で、いわゆるガツガツ飢えてるハングリー精神たるものは、皆無でした。

一方で、大手は利益重視の考え方。まさに飢えまくりです。
加算の取りこぼしがないよう、口酸っぱく指導されます。

大手は「加算を取る=患者様にサービスを提供し喜ばれる」という考えです。

ということは、
「加算が取れてない=患者さんに貢献できていない」
となるわけです。

まぁ、会社の存続を考えると間違ってはいないでしょう。
でも、初めはこのギャップに苦しみましたね。

ルールの細かさ

中小企業は、ルールが曖昧なところがありますよね。
たとえば、ハンコの押し方だったり、書類の保管方法だったり。
店舗ごとに任せてる感じで、会社全体のルールがなかったりします。

で、大手はどうなのかと言うと、ガッチガチにルール化されている。
カチコチで、硬すぎるくらいです。

ハンコの押す位置や、書類の保管方法は、全店で共通化されています。
yasu

ルールがガチガチなメリットは下記の通りです。

  • 店舗異動があっても働きやすい
  • 問題が起こりづらい
  • 内部監査の対策をしやすい

とはいえ、「えっ?ここまでしなきゃいけないの?」ということも、よくあります。
自由に働きたい人にとっては、キツイでしょう。

社内の風通し

社内の風通しは、中小のほうがいいです。
なぜなら、スタッフ間の距離が近いから。上司や社長とも、ゆっくり話すことができます。

風通しがいいと、会社のために頑張ろうって気になれるんですよね。
「うちの社長って、怖いとこもあるけど実は優しいんだな」みたいなエピソードがあると、一気に社長のことを好きになりますよね?

狭いコミュニティだと、それだけ風通しも良くなり、親密度が増すんです。
ところが、大手だとそうはいかない。

名前も顔もわからない人から、連絡が来るなんて日常茶飯事です。
「えっ、誰?」って思い、一瞬フリーズしますから。

風通しの良さで言ったら、中小が圧倒的に強い。
いわゆる、「人間味」とか「温かみ」みたいなものが存在します。

中小に向いてる人

中小に向いてる人

ここまで中小と大手の違いを、つらつらと書いてきました。

では、中小に向いてる人はどんな人でしょうか?
結論、下記の通りです。

  • 人間関係を大事にしたい人
  • 利益ばかり追い求めたくない人
  • 主体的に動ける人

特に3つ目の「主体的に動ける人」は、中小に向いてると思います。
なぜなら、既存のルールを壊して、イノベーションを起こせる可能性があるから。

大手だと規制が厳しいので、ルール1つ変えるのも難しいんですよ。
ゆえに、主体的に考えられる人は、中小のほうが輝けます。

大手に向いてる人

一方で、大手に向いてる人もいます。
下記の通りです。

  • 大手の価値観に共感できる人
  • 実力主義な人
  • 「今どき」の設備で働きたい人

実際に、大手でやりがいをもって働いている人は、たくさんいますよ。
ぼくも大手で働いて、薬剤師としてのスキルが上がりましたし、学びも多かった。

中小で働き続けていたら学べなかった内容もありますし、そこは感謝しています。

合併して何が変わったか?

合併して何が変わったか?

「で、合併して何が変わったの?」
ここが1番気になるところでしょう。

変わったところ、変わらなかったところ、それぞれあります。
ただし、今回のケースは「自分の場合は」です。

他の大手の場合は違うケースもありますので、参考程度にしてください。
yasu

ではさっそくいきましょう。

合併して変わったこと

まずは合併して変わったところですね。
下記の通りです。

  • レセコンや薬歴などのシステムすべて
  • 薬局名やユニフォーム
  • 業務ルール
  • 人が辞めていった

レセコンや薬歴などのシステムはすべて変わりました。
いわゆるリプレースです。

システムを移行して、めちゃくちゃ大変だったのが「患者情報の移行」です。
副作用歴やアレルギー歴など、すべてを新しいシステムに移行するのに、大体2ヶ月くらいはかかりました。

その期間は毎日残業でしたね。かなりしんどかったです。

また、薬局名やユニフォーム、業務ルールは、サクッと変わっていきました。
先述した通り、大手はルールがカッチコチです。慣れるまでが大変でした。

最後に、人が辞めていったこと。
一緒に働いてきたスタッフが、どんどんと辞めていきます。

それはそうですよね。大手に入りたくなくて、中小に入社した人もたくさんいますから。
yasu

合併して変わらなかったこと

合併して変わらなかったことは、下記の2つです。

  • 給料
  • 勤務先

給料面は、ぼくの場合は「変化なし」でした。
でも、普通に考えたらそうですよね。減らしたら確実に辞めますもん。

あとは勤務先。
大手は全国に店舗がありますが、理不尽に県外に飛ばされることはありませんでしたよ。

今の薬局に不満を持つ方へ

今の薬局に不満を持つ方へ

いかがでしょうか?
大手に吸収された後のイメージは、大体つかめましたかね?

中小の良さもありますし、大手の良さもあるので、一概に「万人受けする会社はここだ!」とは言い切れません。

ただ、もしあなたが今の会社に不満を持っているのであれば、ダラダラ過ごしてはいけませんよ。
M&Aで大手に吸収されてからでは、後の祭りですから。

ぼくが中小で働いていた時も、経営困難の噂は耳にしていました。
ですが、「うちの社長は、大手に売らないだろう」と、軽んじていたのです。

あなたにも同じ境遇を味わってほしくない。
その一心で、この記事を書きました。

「俺は今働いてる会社を吸収なんてさせない!絶対守るんだ!」
そのような使命感を持っている方は、ぜひ企業のために尽くしてください。

企業側も、そのような人材は喉から手が出るほど欲しいわけですから。
めちゃくちゃ優遇してくれると思います。

ただ、そこまで使命感を持てるのはごく少数。
人間てのは、そこまで強くないのも事実です。

「会社は好きだけど、そこまで責任はもてない...」
「自分の人生は自分だけのものだから、楽しく生きたい」

と思われる方のほうが圧倒的に多いのです。

大手に吸収されたくない。
でも今の会社では、今後が不安だ。

そんな方は、1人でモヤモヤしてはいけません。
「相談のプロ」に任せましょ。

「相談のプロ」である転職エージェント

「今の会社で働き続けていいのか?」と悩んでいる方には、転職エージェントをオススメします。

「えっ、じゃあ転職しろってこと?」と思われるかもですが、そうじゃありません。
yasu

自分の状況を客観視するためには、転職エージェントを利用するのが手っ取り早い。
なぜなら、転職エージェントは薬局の「市場全体」を見ているからです。

要するに、どの薬局がヤバくて、どの薬局が伸びてるのかもすぐに判断できる。そこが「強み」です。

今のあなたの年収や待遇が、他の会社に比べてどうなのか?
今勤めている会社で働き続けるのはリスクが高いのか?

転職エージェントと話さえできれば、上記がすぐにわかります。

そこで、オススメできるエージェントは「ファルマスタッフ」。
ぼくも実際に利用しましたが、質問に対して真摯に向き合ってくれた印象です。

そして何より、「選択権はあなたにありますよ」という姿勢が良かった。
転職をゴリ押しするのではなく、今の会社に留まる選択肢も出してくれましたから。

もし、今の会社に悩みや不安があるならば、まずはファルマスタッフに登録してみましょ。
なんせ登録も相談も、すべて「無料」ですからね。
誰でもサクッと登録できるので、今すぐ済ませましょ。

>>薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」



まとめ:中小と大手の「違い」は予想以上に大きい

今回は、中小が大手にM&Aされたケースについて解説してきました。
合併する大手によって差はあれど、中小と大手には絶対的な「違い」が存在します。
その違いとは、下記の通りです。

  • 利益への意識
  • 社内ルール
  • 社内の風通し

もし今回の記事を読んで、「え、今の自分の状況大丈夫か?」と不安になったら、まずは転職エージェントに相談してみましょ。
1人でモヤモヤしても、なかなか解決しないですから。

そこでオススメなのがファルマスタッフです。
無料で簡単に登録できます。まずはそこからやってみましょ。
>>薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」



ぼくと同じ失敗をしないためにも、少しずつ行動してみてください。
本日は以上になります。

  • この記事を書いた人

yasu

薬局で働く9年目薬剤師。現役の管理薬剤師です。当サイトでは、自らの経験をもとに薬剤師の悩みや不安を解決します。転職経験あり【中小企業(6年)→M&Aで大手勤務(2年)→中小企業】。年間100冊読書。1人娘の家庭持ち

-薬剤師の転職Q&A