薬剤師の働き方

【逃げろ】仕事しない管理薬剤師の元では働かないほうがいい理由3選

うちの管理薬剤師、まじで仕事しない。イライラして仕事が捗らないし、毎日が楽しくない。こんな時どうすればいいの?

そんな疑問に答えます。

仕事しない上司の元で働くのは、骨が折れますよね?なぜなら、ゴリゴリ働いたとしても、職場の環境はまったく良くならないから。

努力が報われないのは、とても悔しいですよね。

どうも、薬剤師ブロガーのyasuです。
9年目の薬剤師で、管理者も3年経験しています。

本日は、「仕事しない管理薬剤師から離れるべきか?」について解説します。
yasu

結論、離れるべきです。理由は下記の3つ。

  • 成長できない
  • 人間関係に悩む
  • 自分の時間がなくなる

詳しくは、本文で解説していますので、ご覧あれ。

さらに、「現状を打開したい!」と思ってる方に、オススメの対処法も話します。

この記事さえ読めば、無能な上司に悩むこともなくなるでしょう。思い描いた職場で、伸び伸び働けるようになりますよ。

仕事しない管理薬剤師からは逃げたほうがいい理由3選

仕事しない管理薬剤師からは逃げたほうがいい理由3選

仕事しない管理薬剤師と働いてる場合は、すぐに逃げたほうが吉です。
理由は下記の3つ。

  • 成長に繋がらないから
  • 人間関係で苦労するから
  • 自分の時間がなくなるから

ではそれぞれ解説していきます。

成長に繋がらないから【チャレンジできないのはきつい】

デキの悪い管理薬剤師と一緒に働くと、あなたの成長が止まります。というのも、いろんなことにチャレンジできなくなるから。

例えば、「店舗を良くするために〇〇をしたい!」と発言しても、「いや、めんどくさいからムリ」と返されたら、なかなか実現できないですよね?

となると、心の底からやりたいことがあっても、それを邪魔されるわけです。

そんな上司の元では、残念ながらあなたは成長できません。
yasu

既存のやり方を続けていたら、会社は倒産まっしぐらです。チャレンジしないと利益が出ないのは、どこの業界も一緒ですから。

しかし、仕事をしない管理薬剤師は、そのリスクに気づかない。今までのやり方を変えないことが、正義だとすら思っています。

そんな管理者の元では、市場価値を高めることもできませんよね?やる気があっても、上司のせいで成長できないなんて悲劇すぎます。

もし管理薬剤師のせいで成長が妨げられるなら、すぐに逃げましょう。

人間関係で苦労するから【最悪】

管理薬剤師との人間関係で苦労する。これよくある話ですが、最悪です。

なぜなら、人間関係のこじれは、「業務の質」にゴリゴリ影響するから。

まず前提として、医療の現場においてミスは許されないんですよ。

そんな中で、仕事をしない管理者がいたら「早く仕事しろよ」とイライラするのは当たり前です。

そんな雑念が生まれると、業務に集中できない。要するに、ミスに繋がりやすいってことです。

このように、薬局における人間関係は、「業務の質」に直結します。これすなわち、人間関係の悪いところにいたら、大きなアクシデントに繋がる可能性がある。

誰しも、ミスばかりしてたら、仕事もつまらなくなりますよね?

本当はミスなく、気持ちよく働きたいだけなのに。

人間関係のこじれによるミスは、何としても避けたいですね。
yasu

自分の時間がなくなるから【残業が増える】

管理薬剤師が仕事をしないと、結果的に「自分の時間」が減ります。その理由は、上司が仕事しない分、自分に降りかかってくるから。

簡単な例だと、「投薬数」です。

管理薬剤師が投薬していれば、1日30件の投薬で済むところ、仕事しないので40件に膨れ上がる。

もちろん、あなたは投薬の他にも仕事はあるので、薬歴の消化ができない。となると、残業しかないわけです。

時間は貴重ですよ。お金よりも貴重です。

というのも、お金は努力すれば増やせるけど、時間はどうあがいても増やせないから。

1日24時間は、みんな平等です。
yasu

となると、貴重な時間を減らされるのは、ガチで緊急事態。趣味の時間も、家族との時間も、さらにはスキルアップの時間も作れないわけですから。

たしかに、仕方なく残業するときもあります。時には深夜まで仕事をすることもあるでしょう。

ただ、仕事しない上司のせいで残業する必要はありませんよ。

仕事しない管理薬剤師から逃げる方法

仕事しない管理薬剤師から逃げる方法

いかがでしょうか?

ここからは「現状を打開する方法」をお伝えします。

結論、「転職」が1番かと思います。

というのも、自分で職場を「選択」できるから。これが強い。
詳しく解説していきますね。

転職が最善手【新卒にオススメ】

管理薬剤師が仕事をしなくて困ってる!そんな場合は、転職するのがベターでしょう。

「ほら来た。なんでも転職で解決するなよ!」と言う方。
ちょっと待ってください!ちゃんと理由ありますから!

その理由とは、あなたの望む職場に行ける「選択権」があるから。

要するに、行きたい職場、行きたい店舗を「あなたが決められる」ということです。
yasu

「薬局なんて全部一緒でしょ?」と思う方も多いでしょう。でもそれは、周りの噂だけを鵜呑みにして、自分の目で探してないケースが多い。

特に新卒の薬剤師は、1社目を「薬局のすべて」と感じがちです。
yasu

実はそんなことないんですよ。いろんな事業を展開していたり、魅力があふれる薬局はたくさんありますから。

ぼくもM&Aで、大手で働いた経験があります。その経験は、働いてみないとできなかった経験です。

>>【調剤薬局】中小と大手の絶対的な「違い」とは?【M&Aで合併経験あり】

転職したいと思ったら「転職のプロ」への相談がベター

一方で、転職するためには、転職先を知らなければいけませんよね?そこでオススメなのが、転職エージェントです。

転職エージェントとは、薬局情報を教えてくれる、いわば「転職仲介のプロ」。

転職エージェントを利用するメリットは下記の通りです。

  • 募集がかかってる薬局をサクッと知れる
  • 業界の流れを聞ける
  • 転職先を1から探す手間が減る

特に今回のような「仕事しない上司にイライラして転職」の場合、成長意欲も高くて、熱意にあふれている人が多いでしょう。

それなら、「人間関係の改善」に焦点をしぼった転職で、大きく飛躍するチャンスがあります。

どこの薬局も全部一緒。なら、転職しても意味がない。

そうやって転職先を探さないのは、ぶっちゃけもったいないです。転職1つで悩みがなくなるケースも、たくさん見てきましたから。

さらに、転職エージェントへの登録は無料ときてる。

登録後、あなたの現状を知るためにエージェントから連絡が来ますが、それさえ答えれば、しつこい勧誘もありません。

転職エージェントはいくつかありますが、オススメはマイナビ薬剤師です。

なぜなら、求人数がトップクラスで多いから。

求人数という名の「数の暴力」は、転職する側にしたら、めちゃくちゃありがたいですよ。というのも、薬局をたくさん「知ることができる」わけですから。

すなわち、成功する確率がグッと上がります。
yasu

登録は1分でできるので、まずは登録して身の周りの薬局情報を聞いてみてください。

善は急げです。たった1分のアクションで、悩みが一気に吹っ飛びますよ。

公式サイトはこちら→マイナビ薬剤師

もっとマイナビ薬剤師について詳しく知りたい場合は、以下の記事を参考にしてください。

>>マイナビ薬剤師がみんなから選ばれる「強み」3選!【現役薬剤師が徹底解説】

会社に相談もありだけど...【解決には至らないケースが多い】

「でも、転職は怖いから会社内での異動も検討したい」 そのように考える方もいるでしょう。

これ、悪くはないんですが、異動先の店舗を選べないのは痛いです。会社の都合もありますから。

この店舗がいい!と思っても、そこに人が足りていたら、お役ごめん。受け入れてもらえません。

人生どう生きようが、それは自由。でも、あなたに決定権がないのは苦しいでしょう?

では、管理者の異動をお願いするのはどうか?

ぶっちゃけ、その意見も聞き入れてくれないケースは多いでしょう。
yasu

なぜなら、儲けを出すためには管理者の「在籍する期間」が肝心だから。地域支援加算を取るためですが、ここでは詳しい説明は省きます。

要するに、現在の法律では「管理者を異動させるデメリット」のほうが大きいわけです。

人間関係がうまくいかない!という理由だけで、会社が管理者を変えるのは、ビジネス上イメージできません。だって、収益下がるんですから。

となると、人間関係のいざこざを会社内の「異動」で解決するのは、本質的ではないように思えます。

【経験談】仕事しない管理薬剤師の元ではがむしゃらに働いた

【経験談】仕事しない管理薬剤師の元ではがむしゃらに働いた

ぼくは、仕事しない上司と、2年ほど働いた経験があります。

その時は、周りのスタッフの協力もあり何とか乗り越えましたが、思い返すとその時に転職しても良かったと思います。

というのも、毎日しんどかった記憶しかないから。同じ業務の繰り返しで、考える余裕すらなかったですね。

ガチガチに忙しいと、業務がルーチン化してしまい、考える余白ができません。

最初はスキルアップに繋がるんですが、すぐに天井迎えます。チャレンジしたくても、協力してくれるような環境じゃないですしね。

あの時、転職エージェントに登録してれば良かったな...という自戒を込めて、今回の記事を書きました。

まとめ:働きやすいポジションをとろう

今回は管理薬剤師が仕事しないケースについて書きました。この場合、転職するのがベターです。

なぜなら、「働く職場を選べる権利」があなたに生まれるから。

そこでまずは、転職エージェントに登録してみましょ。無料でできますし、たった1分でサクッと登録も終わります。

公式サイトはこちら→マイナビ薬剤師

会社内の異動では、あなたに決定権はないと思ったほうがいいです。

人間関係のいい店舗に行きたくても、人手が足りていたらジ・エンド。門前払いです。

だからこそ転職活動して、自身の周りでどんな薬局があるのかを知るところから、はじめてみてください。

本日は以上になります。

  • この記事を書いた人

yasu

薬局で働く9年目薬剤師。現役の管理薬剤師です。当サイトでは、自らの経験をもとに薬剤師の悩みや不安を解決します。転職経験あり【中小企業(6年)→M&Aで大手勤務(2年)→中小企業】。年間100冊読書。1人娘の家庭持ち

-薬剤師の働き方