薬剤師の働き方

管理薬剤師と薬局長の違いとは?なぜ分ける必要があるのか徹底解説!

管理薬剤師と薬局長の違いとは?なぜ分ける必要があるのか徹底解説!

管理薬剤師と薬局長ってなにが違うの?

そう疑問に思ったことはありませんか?

そもそもなぜ役職が分かれてるか、意味がわからないって方も多いでしょう。

結論から言うと、法律で決められてるリーダーが管理薬剤師。そうじゃなければ薬局長です。

本当に、これしか違いがありません。

みんなに「この人リーダーですよ〜」と公開されてるのが管理薬剤師。裏で薬局をまとめてるのが薬局長といった感じですね。

上下関係は、薬局長が上で管理薬剤師が下のケースが多いです。

薬局長と管理薬剤師が分かれた会社で働いていたので、間違いありません。
yasu

で、分かれてるのにはちゃんとした「理由」があります。

ズバリ、下記の通りです。

  • リーダー1人では管理しきれないため
  • 役職を作ってモチベーションを上げるため
  • 会社の都合

それぞれ、本記事でくわしく解説していきます。

管理薬剤師と薬局長の違いとは?

管理薬剤師と薬局長の違いとは?

管理薬剤師と薬局長の違いは、法律で決められてるリーダーか、そうじゃないかの違いしかありません。

患者さんや保健所に公開してる「表のリーダー」は管理薬剤師。一方で、実際に薬局をまとめてる「裏のリーダー」は薬局長、といった感じですね。

薬局の管理者はハンコを押す機会が多いですよね? そんなときに登場するのは管理薬剤師です。

管理薬剤師は法律で決められたリーダーなので、保健所への提出物だったり、薬局内の掲示物には、その人の名前が必要になります。

で、薬局長のほうは「薬局のキャプテン」みたいなイメージです。

たとえば、下記のような仕事は薬局長がします。

  • 店舗の取りまとめ
  • クレーム対応
  • ドクターとの連携

ここまで話してきて「リーダー1人でいいんでないの?」と思う方も多いでしょう。

でも、それができないから分けられてるんですよね。

次でくわしく解説していきます。

薬局長と管理薬剤師を分ける理由

薬局長と管理薬剤師を分ける理由

では、なぜ薬局長と管理薬剤師を分ける必要があるのか?

結論、下記の通りです。

それぞれ解説していきます。

リーダー1人では管理しきれないため

薬局の規模が大きいと、リーダーを2人置くときがあります。

というのも、1人ではまとめきれないからですね。

薬剤師が3〜4人ならリーダー1人でもまとめられますが、10人とか15人になると話は変わります。ぶっちゃけ、1人ではまとめきれません。

コミュニケーションがとれないスタッフが生まれたり、情報共有でミスマッチが起こりやすくなります。

Amazonのジェフ・ベゾス氏がおすすめしてる「2枚のピザ理論」を知ってますか?

1人の上司がまとめられるチームは、5〜8人が限度という理論です。
yasu

人を管理するのには限界があるんですよ。多すぎると管理しきれず、チームがバラバラになるリスクが出る。

人数が多いほどうまくいきそうな気もしますが、実はその逆で、人数をギュッと絞ったほうがうまくいきますよっていう事例です。

役職を作ってモチベーションを上げるため

役職が少ないと、スタッフのモチベーションが下がりがちです。

というのも、ステップアップしたくても、そのステップがないから。

何年も役職をもらえず、収入も上がらなかったら頑張れないですよね?

「ステップアップできないなら、この会社辞めるわ」という人も多くなります。

で、それを避けるために、薬局長と管理薬剤師を分けるわけです。

役職を増やして、退職を減らす。そんな狙いがあります。
yasu

優秀な人がいなくならないための施策ですね。

会社の都合

最後は会社の都合。あまり国からはよく思われない内容ですが、「建前だけ管理薬剤師」ってときがあります。

その理由は、加算をとるため。管理薬剤師を誰にするか? によって、収益が大きく変わることがあります。

結論から言うと「地域支援加算」です。

ぶっちゃけ、この加算をとればめちゃくちゃ儲かるし、とれないなら大幅な収入ダウンとなる。

1日100枚の薬局で考えてみましょう。

地域支援加算1の39点(2022年時点)があるのとないのとでは、下記のように差が出ます。

1日あたりの収益の差

加算をとってる薬局:39点×100枚×10=39,000円の利益
加算をとってない薬局:0円

1ヶ月では、およそ90万の差。年間となると1,000万の差が出るほどです。

薬局の経営にガツンと響きますよね。
yasu

で、その加算をとるために「管理薬剤師の条件」があるんですよ。

下記の通りです。

  • 薬剤師として5年以上の勤務経験
  • 週32時間以上の労働
  • その薬局で1年以上勤務経験

つまり、下記のような人が管理薬剤師をすると、加算がとれません。

  • 他の薬局で働いていた薬剤師
  • 薬剤師歴が5年以内
  • パート薬剤師
これが会社の都合で、管理薬剤師と薬局長を分ける理由です。
yasu

薬局長と管理薬剤師、どっちが「上」なの?

薬局長と管理薬剤師、どっちが「上」なの?

では、薬局長と管理薬剤師のどちらが「上」なのか?

結論から言うと、薬局長です!
yasu

薬局長がリーダー、つまりまとめ役。管理薬剤師は薬局長のヘルプ役ってケースが多いですね。

ただ先述したとおり、法律上のリーダーは管理薬剤師です。

書類にハンコを押したり、立ち入り検査に対応するのは管理薬剤師でなければいけません。

忙しいところだと、薬局長と管理薬剤師が仕事を分担して、それぞれがまとめ役として機能してる店舗もあります。

その場合でも薬局長がトップで、管理薬剤師がうまく立ち回ってる感じがします。

薬局長と管理薬剤師の仕事をうまく「分担」する方法

しかし、どうしても「薬局長と管理薬剤師のすみ分けが難しい!」と声が出ることもあります。

その理由は、分担がうまくできていないから。

患者対応やドクター対応は薬局長で、シフト業務は管理薬剤師。といったように、大体でいいので分担しておくとお互いが楽になります。

2人のコミュニケーションがうまくとれると、他のスタッフも気持ちよく働けるのは間違いありません。

というのも、薬局長と管理薬剤師で仕事を分担できるので、お互いに心の余裕ができるから。

余裕がなくなって、雰囲気が悪くなるのを防ぐことができます。

リーダー1人は結構しんどい

リーダーが1人ってのは、やはり大変です。そりゃ泣きたくなるくらい。

1人でも自分の気持ちをわかってくれる人がいるだけで、ありがたいんですよ。

薬局長と管理薬剤師を分けると、お互いの気持ちを共有できる。それだけでもかなり楽になります。

リーダーを分けるのは問題視されてますが、働きやすさや風通しの良さを考えるならぼくは「アリ」と感じます。ぶっちゃけ助かりますしね。

薬局長と管理薬剤師を兼ねてる店舗も多い

薬局長と管理薬剤師を兼ねてる店舗も多い

ここまで薬局長と管理薬剤師の違いについて解説してきましたが、分担せずに管理薬剤師1人のみ! という店舗のほうが多いです。

というのも、管理薬剤師だけですべてまとまることが多いから。

国から白い目で見られることなく、まっとうに業務できますからね。

店舗の人数が5〜6人までは、分ける必要もないでしょう。リーダー1人さえいれば、まとめられる規模だからです。

まとめ:薬局長と管理薬剤師には明確な違いがあります

薬局長と管理薬剤師には明確な違いがあります。

それは、法律上で決められたリーダーかどうか、です。

分けられてるのにも理由があって、下記のとおりですね。

  • リーダー1人では管理しきれないため
  • 役職を作ってモチベーションを上げるため
  • 会社の都合

個人的な感想ですが、大きな店舗では分けたほうがいいと思いますよ。

なぜなら、リーダーの負担が分散するから。

1人でまとめるのは、やっぱしんどいですよ。力を借りれるなら、もちろん借りたほうがいい。

もし「リーダー1人ではしんどすぎ、ハゲそう」って感じてるなら、本記事の内容を上司に相談してみてください。

少しでも楽しく働けるきっかけになれれば幸いです。

本日は以上です。

  • この記事を書いた人

yasu

薬局で働く9年目薬剤師。現役の管理薬剤師です。当サイトでは、自らの経験をもとに薬剤師の悩みや不安を解決します。転職経験あり【中小企業(6年)→M&Aで大手勤務(2年)→中小企業】。年間100冊読書。1人娘の家庭持ち

-薬剤師の働き方